ふーやんのマレーシア移住日記

インドネシア駐在を中心に30年以上アジア業務に携わってきました。昨年よりマレーシアに移住しています。

超常現象を信じるようになった。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村    👆ランキング応援ポチット宜しくお願いします。       人事のオンラインサロン【人事倶楽部】

今日の新聞記事、旦那さんが事故死する前に匂った香しい花の匂い

本日のHarian Metro紙の記事によると、昨日、海軍兵士だったアブドゥール ラシムさんと同僚4名がコタキナバルへ向かう道路で交通事故にあい、内3名が死亡、1名が重症を負った。

アブドゥール ラシムさんの夫人の話によると、死亡

事故の発生の知らせが入る、1時間ほど前夫人は自宅で、かつて経験したことののない、香しい花の匂いが家じゅうでしたと。

また、1週間ほど前、アブドゥール ラシム氏は、これまでにはないほど、子供たちに熱心に宗教の教義を教えていたと。

実は、これと同じような経験を、私自身が経験したことがある。

インドネシアのバンドンに駐在していたころ、私の勤務していたオフィスで起こった出来事だ。

オフィスは4階建てで、私は3階の執務室にいた。夕方出先から、オフィス帰ってきたところ、非常に、香しい蘭の花のような匂いが部屋に満ちていた。誰か、蘭の花を持ち込んだのかなと思ったが、秘書の姿はなく、その時は、確認できなかった。

4階からキャーと言う悲鳴が聞こえてきた。

自分の席について、30分ぐらいしたときだ。4階から、キャーと言う悲鳴が聞こえてきた。

何だろうと思って4階に電話をしたところ、4階の会議室でのミーティング中、発言していた役職者の背景に、誰も見知らぬ女性の姿が浮かんだというのだ。

私個人としては、それまで、こういった超常現象を信じる方ではなかった。戻ってきた私の秘書に今起きた出来事、また、その前に蘭の匂いがした話をしたら、秘書の顔が、真っ青になっていった。

秘書から聞いた話では、インドネシアでは、こういった、超常現象が起きるとき、花の香しい匂いがよくするそうである。実際、そのとき、誰も蘭の花など持ち込んでおらず、その匂はすぐに消えていた。

この一件以来、私は、こういった超常現象を信じるようになった。インドネシア語では、幽霊のことをHantuというが、ほぼ、インドネシア人は全員霊の存在を信じている。

霊には、やはり、いい霊と悪い霊がいて、悪い霊はお祈りをして追い払わなければならない。日本とよく似ている。

マレーシアでも、インドネシアでもホラー映画は人気がある。

マレーシアでも、インドネシアでも映画やDVDなどホラー映画の宣伝をよく見る。

私自身は興味がないので、ホラー映画を見たことはないが、大体、幽霊の顔はよく似ている、真っ白な顔で、口が裂けているような感じだが、何となく愛嬌があってそんなに怖い感じははい。

怖いもの見たさという感情は世界兆通だ。