ふーやんのマレーシア移住日記

インドネシア駐在を中心に30年以上アジア業務に携わってきました。昨年よりマレーシアに移住しています。

ああまたか、隣の部屋の請求書が入っていた

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村    ↑ランキング応援宜しくお願いします。    

マレーシアでは、毎月の’家賃、電気代、水道代の支払いが面倒くさい。

10日は今月の電気代、水道代を払う期限だ。

メールボックス用のキーは、妻が日本に持ち帰ってしまっている。

先月、マネージメントオフィスに行って、メールボックス用のキーをもう一本発行してくれなかと頼んだが

規則により、各ユニット2本だけだ。オーナーに頼んでコピー―したらと、言われた。

どうせ、大した郵便物はないし、毎月の請求書類だけなので、そのままにしていた。

また、面倒くさがるなあと思いつつ、マネージメントオフィスに行くと

セキュリティに頼んで、開けてもらえと

ラッキー、セキュリティの兄ちゃんとは親しいので問題ない。

早速、セキュリティはニコニコと開けてくれた。

 

メールボックスを確認すると、電気代と水道代の請求書が入っていた。

部屋に、持ち帰って、封筒を開けて、中身を見ると

ああまたか、電気代も水道代も隣の部屋への請求書だった。

これで、2回目だ、前回は、他の部屋の水道代を払ってしまったことがある。

私も不覚だったが、そもそも、間違って他の部屋への請求書が入っているとは思わなかった。

マレーシアでは、直接オーナー名で請求書が送られてくる。

インドネシアでは、普通、管理組合が賃貸人名で請求してきてくれていたが。

 

最初の1年は、全てが現金払い

マレーシアに来て、最初の1年は、ビザがないので銀行口座が開設できなかった。

そのため、家賃、電気代、水道代、毎日の買い物など、全てが現金払い。

ATMから現金を引き出して、せっせせっせと、郵便局、コンビニ等に通っていた。

幸い、インドネシアの銀行ATMカードで、ほとんどの、マレーシアの銀行のATMから出金できる。

ただ、通信回線が悪くて、しょっちゅう引き出しが不可になる。

常に、多めに現金を引きだす羽目になった。

 

インターネットバンキングは楽だが。

銀行口座を開設できてから、インターネットバンキングでなんでも支払いできるので、各段、楽になった。。。。

マレーシアの銀行のインターネットバンキングのレベルはは高い。

日本やインドネシアより、圧倒的に充実している。

 

いくら支払い機能は良くても、そもそも、請求書が来なければ支払いできない。

郵便物がまともに着くという前提でのプロセスなので、どうしようもない

オーナーに、言うと、電気代については、私でもオンライン登録をすれば、直接請求金額を確認できると。

日本のように、銀行での自動振替ができないかと銀行へ聞いたら

出来ないこともないが、それは、やめとけと、色々と間違いが発生するリスクが高いと、

毎月、請求を確認しながら払うのが、いちばん安全と。⇒確かに

家賃について、インドネシアは一括前払いが普通。

マレーシアは、毎月支払いなので、面倒くさいなあと思うが、

やはり、毎月、毎月支払うのが、一番トラブルが少ないようだ。⇒納得