ふーやんのマレーシア移住日記

インドネシア駐在を中心に30年以上アジア業務に携わってきました。昨年よりマレーシアに移住しています。

日本政府、ワクチン証明書を7月中、下旬頃より発行すると発表

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村    👆ランキング応援ポチット宜しくお願いします。       人事のオンラインサロン【人事倶楽部】

日本政府は、昨日、ワクチン証明書を7月中旬、下旬頃より発行すると発表

 

日経新聞記事より

 

f:id:huyan:20210618071328j:plain

写真:共同

加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で、海外渡航者への新型コロナウイルスワクチンの接種証明書を7月中下旬から発行すると発表した。まずは紙で証明書を出し、デジタル方式の交付も検討する。

接種証明書はビジネス関係者の海外往来を円滑にするため、主要国で発行する動きが相次ぐ。日本も経済界が導入を求めており、政府は加藤氏のもとで制度設計を進めている。加藤氏は「7月中下旬をめどに書面での交付が可能となるよう準備したい」と述べた。

接種記録を管理する市区町村が発行し、来週にも自治体向けの説明会を実施すると説明した。

河野太郎規制改革相も17日午前、日本商工会議所の三村明夫会頭とのオンライン懇談で「早く発行するため当初は紙になる」と語った。

 

いよいよ、日本ではワクチン接種者に対し、ワクチン証明書が発行されることになりました。 

今後、特に海外への渡航については、ワクチンパスポートの提示が必須になりそうです。

航空業界では、既に、航空券購入の段階でワクチン接種番号をデーター入力する方向で動いています。

今回の日本政府の発表は、日本の観光業界やビジネス界から強まる、ワクチンパスポートの発行により自由な往来を早期に再開するようにとの要望を受けたものです

米国や欧州などでは、既に、ワクチンパスポートの発行により、人々の行動の自由化を進める動きが加速しています。

アセアンの国の中でも、昨日、タイが10月中旬までに観光客の受け入れ大幅緩和することを発表しました。特に、ワクチン接種をした人は隔離なしで入国できるようにするとのことです

タイは、感染者数は依然高い水準が続いてますが、これ以上観光客の入国を止めると経済が持たないためです。

 

ワクチンパスポートの実施が進むと、ここで問題になるのが若年層の人たちや、妊婦等ワクチン接種が不可能な人たちです。

若者は、ワクチン接種を行わなくても重症化率が低いので、ワクチンを打たない人の割合も多くなるはずです。

これらの人たちが、ワクチンパスポートが条件となると、逆に自由に往来できないことなってしまいますので、それはそれで差別になってしまいます。

最終的には、受け入れ国側の問題になりますが、このワクチンパスポートが制度的に落ち着くまでにはまだまだ紆余曲折がありそうです。

ぽちっとランキング支援お願いします☞にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村